2016/03/14

県林業技能競技会にて特別賞受賞

県林業技能競技会にて特別賞受賞

2016年3月13日に群馬県高崎で県林業技能競技会(県森林組合連合会主催)が行われました。
県内の森林組合や、林業関係企業に勤める10名がチェンソーさばきを競いました。
競技は丸太の輪切り、枝払いなど4種目で行われ、弊社からは田中篤志(経験1年目)が参加しました。
参加者の平均年齢は33.5歳、経験年数が平均5.3年のなか、田中は特別賞(第5位)を受賞。
田中篤志は「自然の中で仕事ができるのも林業の魅力の一つ、技術向上の良い機会と思い参加致しました。次回は優勝を狙います。」とコメントしました。






以下上毛新聞記事より抜粋(2016/03/14)
県林業技能競技会(県森林組合連合会主催)が13日、高崎市高松町のもてなし広場で開かれた。例年県有林で行ってきたが、より多くの人に見てもらおうと、初めて街中で開催。県内の森林組合や林業関係企業に勤める10人がチェーンソーさばきを競った。
協議会は丸太の斜め切りや正方形のくり抜き、スギの木に張った20本の枝を払う作業など計3競技で実施。参加者は真剣な表情で取り組み、技術の正確性や作業の安全性、スピードを競った。世界伐木チャンピオンシップの出場経験者、今井陽樹さん(藤岡市)によるデモンストレーションも行われ、来場者から歓声が上がった。
協議会は林業従事者の技術向上を目的に開催している。水出さん以外の上位入賞者は次の通り(敬称略)
準優勝 喜多明(下仁田森林組合)
3位 蛭間祐介(渋川広域森林組合)
4位 田村週一(吾妻森林組合)
5位 田中篤志(磯村産業)

前の記事へ